-大地に感謝・人に感謝-

国産有機野菜から、年間契約のお野菜まで、皆様のニーズにお答えします。安心と安全を食卓へ・・・オリエンタルフーズ

頑張れ!ハナマル野菜って?
近年中国産の問題などから、国産の農作物に風が吹くものの、なかなか毎日の食卓に全て国産の商品を並べることは難しい現状が あり、安心・安全な国産野菜を消費者の方々が求めている事と価格との差に悩まされてきました。
できる限り皆様の求めている食材を低価格でお届けしたい・・・。
また一方で農作物を手がける生産者の方々からは、野菜の規格外品は規格品と何らかわらない美味しさ・・・
ただ見た目が少々悪い野菜達を何かに使うことができないだろうか・・との問いかけ。
日本の限られた農地では、日本全体の消費する農作物を生産することは難しく、近年の輸入に対する不安から少しでも自給率を高める ためには、この二つの案件から目を背けることはできませんでした。

弊社の事業内容の中で、考えられる問題解決に踏み出す第一歩。

そこでオリエンタルフーズでは“規格外品”と呼ばれる野菜達を食べることを推進するプロジェクト
 “がんばれ!ハナマル野菜”を立ち上げました。

   有機栽培・無農薬・ブランド野菜…本当にいいものを食べたいと思うと、
   それなりにお金がかかってしまいます。

   オリエンタルフーズは、

  「いいもの」の流通過程でB級品として

  排除されてしまう「まがった」「ふぞろいな」

  規格外の野菜を供給することで、


   いいものを安く販売いたします。


   これが「ハナマル野菜」

   捨てずに食べられると、生産者が嬉しい。いいものが安いと、消費者も嬉しい。みんなが嬉しい流通を作ります。
  「規格外品」「規格品」この二つの違いは、見た目なのです。
同じ国内で生産され、安心・安全に心がけて作られた、ただ見た目が悪いだけの野菜達・・・それが「規格外品」と呼ばれ一般には商品として流通することなく、廃棄されるものも少なくありません。
規格外品のうち“加工用”として低価格で製造メーカーに販売されていくものもありますが、生産者の中にはそういった加工メーカーに出会うことなく、廃棄する選択をしてしまうのです。
 
頑張れ!ハナマル野菜 もう規格外品なんて呼ばせない!
同じ美味しさの、安心安全な、ちょっと形が悪かった野菜達。それをオリエンタルフーズは、“ハナマル野菜”と名づけました。 日本の自給率アップの為にもこの“ハナマル野菜”に頑張ってもらわないといけません。
「安心・安全」な「高い」野菜は沢山ありますが、“ハナマル野菜”は皆さんのニーズに答える事のできる「安心・安全・低価格」が実現できる唯一のピカイチな野菜達なのです。
生産者の皆さんの生活が豊かになるために・・皆様に美味しくて安心な野菜を低価格でお届けするために、もう「規格外品」なんて呼ばないで、皆様にも「ハナマル野菜」と呼んでいただけたら!そう日々願っております。
TOP花まる元気な生産者オリエンタルフーズ直営店会社情報環境活動
Copyright 2008 Oriental-Foods, All rights reserved.